Our Spirits

​活動理念

誇りある楽交球人

 

中央大学体育連盟

女子ラクロス部としての誇りをもって活動する。

​誇

魅せるプレーをして

応援してくださる方たちを楽しませる。

​楽

 

周りを巻き込んで

多くの人と交わり・関りを大切にする。

​交

私たちは、中央大学学友会体育連盟女子ラクロス部として29年もの歳月を歩んできた。私たちの今があるのはこれまで先輩方がこの部を作り、守り、発展させた来てくれたからである。中央大学女子ラクロス部であることに誇りを持ち、日々のつながりに感謝し、常に上を目指し続けなければならない。

​活動原則

​私たちを支えてくれる人々、ラクロスを通じてであったたくさんの人々に感謝の気持ちを忘れない。また、恵まれた環境でプレーできていることに感謝の気持ちを持つ。そしてその気持ちを行動で示す。

ラクロスの技術を追求する。グラウンドで1つのボールを最後までがむしゃらに追う。これらの姿勢は必ずプレーに現れ、そして見せるラクロスへと繋がる。

私たちはラクロス部員である以前に中央大学の学生である。中央大学の名に恥じぬよう学業とラクロスの両立を図る。目標は「全単位取得」。

​感謝

​追球

​1年生から4年生全員がチームの一員であり、1人1人が全力を出し切ってこそ本当の意味でのチーム力が発揮される。自分がチームのために何ができるのか、どんなプレーをしたいのか、部員1人1人が意思を持ち、周囲を巻き込みながら自らがその意思を行動に移す。

​主体性

​文武両道